ワイン

自然から与えられ・・・仕上げをする

ドメーヌ・ギャルドは、植物の健康と高品質なワインの風味のどちらも兼ね備えた、手間隙を掛けた職人技の、独自の栽培方法に誇りを持っています。味わい深いワインの製造は、土着種の酵母をベースにしています。剪定やベンディング(曲げ)、虫取り作業、誘引作業などの他の作業と同じように、ブドウ収穫もすべて手作業で行っています。

キュヴェ・モルギエール

キュヴェ・モルギエールは、最も粘土質な土壌のパーセルで栽培されており、非常にフレッシュでタイトなさわやかさが特徴のワインです。フルーティで華やかな香りが鼻に抜け、程よいミネラル感が、軽くて飲みやすい味わいを作り出します。それは、瞬時に口の中が華やぐ、本物のブルゴーニュ産シャルドネです。

ウェブサイト

キュヴェ・ラ・ガレンヌ

より多くの石灰質を含むガレンヌのパーセルの土壌で育ったブドウの繊細さを保つために、ブルゴーニュのオーク樽を使用するという選択は、不可欠でした。2014年以降、ワインの風味に更なる個性を加えるため、樽熟成という手法を取り入れました。このように熟成されたワインは、まろやかさと芳醇な香りが増し、より一層深い味わいになります。また、コクのある、口に広がる長い余韻が独特のエレガンスさを加え、その特徴を際立たせます。

ウェブサイト

キュヴェ・レ・トロワ・ピエール

2015年栽植のカルベルネ・フラン種100%の品種。
近日発売予定。

l

トレンド

レストラン経営者やワイン業者たちの間で高い評価を得たドメーヌ・ギャルドで初めての2011年のキュヴェは、醸造や熟成など、あらゆるレベルにおいて絶えず高い品質を追求し、最善の選択をしてきた証です。素晴らしい香り高さを持ちながら、口の中で深みと長い余韻を楽しむことが出来る2013年のキュヴェは、特に大きな成功を収めました。

ダヴィッド・ギャルドとフレデリック・ボヌパールは、常に研究を重ねており、”収穫時期が遅い、新しい品種のキュヴェへの挑戦はどうだろうか?”と、将来に向けても、すでに様々なアイデアを持っています。

“ワインに関して、当たり前のことなど何もないのです”, と、二人の偉大なワイン生産者は、謙虚に話します。