ワイン文化

共有するブドウ栽培

これは、素晴らしいテロワールでワインへの同じ情熱を分かち合った二人の男性の出会いの物語です。二人は自分たちでワイナリーを作り上げることにしました。その名はドメーヌ・ギャルド。価値ある居心地の良さや気難しさ、伝統の精神を永続させる、一言で言うならば、ワイン文化を分かち合うこと。これが、彼らのビジネスの根本にある理念です。共有するブドウ栽培

ダヴィッド・ガルド

ダヴィッド・ギャルド

努力家で鋭敏な起業家であるダヴィッド・ギャルドは、1972年に誕生しました。知識豊富な美食家であり、最高級のワイン畑に与えられるグラン・クリュのファンである、リヨン生まれの彼は、常に質の高い仕事を行うことに、情熱を傾けています。ドメーヌのオーナーでありスポークスマンでもある彼は、ワイナリーを発展させ、商品を広めるために、様々なビジネス経験を活用しています。

フレデリック・ボヌパール

ブドウ栽培における資格であるBEPAとBTAを所持し、ブドウのスペシャリストであるフレデリック・ボヌパールは、1974年に誕生しました。ブドウ畑の中心部であるテイゼで生まれ育った彼は、20年前からドメーヌ・デ・ペレルを経営してきました。彼の持つ素晴らしい専門技術とテロワールに関する深い知識は、ワインの発展必要な厳密さや影響を、ドメーヌ・ギャルドにもたらしました。

理想の追求

“それは、ただのワイン作りではありません。私たちがフレデリックと共に探し求めているのは、毎年、最高のテロワールや最高のブドウ、最高の日当たりを表現する、ワインなのです。完璧なブレンド、理想的な熟成度。記憶に残るボトルを作り上げること、それが私たちの望みです。私たちの足跡を、この地球に刻み込みために・・・”

ダヴィッド・ギャルド

l'ambition du beau